東京土建多摩西部支部  TOKYO DOKEN TAMASEIBU [Tokyo Construction Workers' Union  Tama-Seibu Branch]

執行委員長の挨拶

 

 

執行委員長の挨拶

 

組合員の要求を実現する労働組合。

地域に根ざした組合を目指し、地域の交流と振興をすすめます。

 

私たち東京土建多摩西部支部は1967年5月3日に303人の仲間で結成し、組合員・家族の力を合わせ、「地域に根ざし、ともに発展する組合」として、東京土建全体の発展をささえ、現在約3500人の仲間を結集して立川・昭島・国立地域において最大の建設労働組合に成長しました。
東京土建多摩西部支部は、組合員の仕事とくらしを守るための活動を発展させ、住宅デーなどの地域交流・還元活動をとおして、地域とともにさらに強く大きな組合として前進し、運動を盛り上げて

いく活動を多摩西部支部から発信してまいります。
 

 

 

 

 

 

東京土建多摩西部支部

執行委員長 檜山剛志